1歳6ヶ月児健診の内容と結果

1歳6ヶ月児健診に行ってきました。

予想はしていましたが、観察項目が一つもクリアできず、要観察になりました。

 

あまり心配はしていないのですが、やはり他の子との違いを見てしまうと、少々落ち込んでしまいますね。

月に一回「親子教室」が行われるらしく、とりあえず予約して帰ってきました。

 

今日は、1歳6ヶ月児健診受診の様子を書いていこうと思います。

一歳半健診で引っかかる

1歳半検診で観察されたのは

  • 積木つみ(3個)
  • 指さし(6つの絵)
  • なぐりがき
  • 型はめ
  • バイバイ

 

の5項目。

 

まず、積木の使い方を全く理解しておらず、「こうやって積むんだよ」と教えても、口に入れたり並べたりして遊んでいました。

 

指さしは、6つの絵を見せて「ワンワンどれ?」など聞いても、指さしどころか「ワンワン」という言葉を解っていません。

 

なぐり書きをさせようと鉛筆を渡すと、口に入れようとしてしまいます。

 

型はめは、○□△の型を渡されたのですが、これも口に入れて遊んでいました。

 

バイバイも出来ません。

意味のある言葉は、一つも話せません。

 

結局何一つできなかったことと、問診票で「いいえ」の項目が多すぎたことで、「要観察」となり、親子教室に通うことになりました。

 

他の子供たちが皆、お母さんの横でおとなしくしているのに、うちの子だけずっと走りまわったり、床に転がって泣きわめいたりしていて、さすがにちょっと疲れました。

 

尿検査

1歳半健診では尿検査がありましたが、採尿バッグでの採尿に失敗しても、健診時に新しい採尿バッグをもらって、その場で採ることができました。

 

女の子は特に採尿が難しいため、失敗した人がたくさんいました。

うちの娘も、うまく採ることができず、ずっと貼ったままにしておいたら、うんちがついてしまって使用不能になりました(笑)

 

尿が採れるのであれば、何か別の容器を用意して持参しても問題ないと思います。

 

アトム小児採尿バッグ

 

 

採尿バッグの使用方法には、「夜間のおむつ交換時に貼り、起床後に取り外す」と書かれていたのですが、娘の場合は起きている時に貼り付けて、そのまま立たせておいた方がうまく採れました。

 

健診時に保健師さんに貼ってもらったのですが、ビックリしたのか貼りつけた直後におしっこをして、すぐに採ることができました。

採った尿はバッグのまま紙コップに入れて提出しました。

 

検査するのは、「尿タンパク」「尿糖」「尿潜血」の3つです。

「ウロペーパーⅢ4」で測定していました。

 

「尿の量は、最低4滴あれば検査が可能なので頑張って採ってください」

と保健師さんが言っていました(笑)

 

検査結果を見てみると、「尿タンパク」「尿潜血」で±と書かれている子が何人かいました。(通常は-)

±の反応が出ることは、結構よくあるみたいですね。

うちの娘は全て-で異常なしでした。

 

虫歯もなく、身体的には問題ないものの、精神発達面が少々心配なので、来週からの親子教室を張り切って受けてみようと思います!

コメントは受け付けていません。