【発達障害児】保育園・幼稚園に入園したら「保育所等訪問支援」を利用しよう

幼稚園に中途入園した娘ですが、発達支援相談員の方から、

「保育所等訪問支援を利用できますよ」

と教えていただきました。

 

一応、幼稚園の担任の先生の意向をお伺いしようと思い、家庭訪問に来られた際、

「訪問支援を利用できると言われたのですが…」

と相談してみると、

「他の子も何人かいますよ!ぜひ!」

とのことだったので、さっそく市役所の福祉課で申請しました。

 

今日は保育所等訪問支援の概要と、申請手続きについて書いていこうと思います。

保育所等訪問支援の概要

保育所訪問支援とは

「保育所等訪問支援」は、児童福祉法に基づいて創設された福祉サービスです。

「障害児通所支援」の一つで、訪問支援員が障害のある子どもの通う園や学校を訪問し、障害のない子どもとの集団生活への適応のために、専門的な支援を行います。

 

訪問支援を利用できるのは

訪問支援の対象となるのは、保育所等に通っていて、集団での生活や適応に専門的支援が必要である子どもです。

支援が必要と認められれば、医学的診断や手帳の有無は問われません。

申請時に集団不適応を起していなくても、特性に応じた配慮がなければ不適応を起こす可能性のある子どもも対象です。

通所支援を利用したことがない子どもも対象となります。

利用申請できるのは、支援が必要な子どもの保護者のみです。

 

訪問支援を受けられる場所

保育園、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校、その他児童が集団生活を営む施設として市町村が認める施設(放課後児童クラブ、中学校、高校など)

 

訪問支援スタッフ

障害児支援に関する知識、経験を有する児童指導員、保育士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士など

 

訪問支援を行う主な理由

保育所、幼稚園などに通う中で、発達上の課題が出てきた子どもへ専門的な支援を行うため

通所施設で身につけたことが、保育所等の集団場面に般化しにくく、別の支援が必要なため

通所支援を終え保育所等へ移行したあとのフォローアップ

通所施設と並行通園先との連携、移行施設への支援方法の引継ぎ

保育所等のスタッフへのアドバイスとサポート

保護者と保育所等のスタッフの信頼関係を構築

など

 

支援内容

子ども本人への直接支援、保育所等スタッフへの間接支援、訪問先の環境整備、訪問支援後の保護者への報告など

 

訪問支援を行う頻度

訪問支援の頻度に関する規定はなく、国としては標準的には2週間に1回程度、2時間~半日程度の訪問支援を想定。

実際に利用できる回数や利用料については「通所受給者証」に記載されます。

 

保育所等訪問支援の利用方法

一般的な申請手続きの流れ

①保護者が市区町村の窓口(福祉課など)に申請し、支援事業者を選ぶ

②通所受給者証の申請(持っている場合は提出)

③支援事業者に利用計画書を作成してもらう

④通所受給者証の発行を受け、訪問支援サービス開始

 

我が家の場合は、すでに通所受給者証を取得して「児童発達支援」を利用しているため、「訪問支援」も同じ事業所に依頼しました。

訪問支援の申請には、幼稚園の「通園証明書」が必要でした。

すでに持っている受給者証に「保育所等訪問支援」が追加されるそうです。

 

支援事業者に利用計画書を作成してもらってからのサービス開始になるため、申請から利用開始まで1ヶ月以上かかるそうです。

今からだと、早くても来年1月からになるだろうと言われました。(11月末に申請)

 

娘は入園から現在まで、特に不適応行動は起していませんが、担任の先生が娘への関わり方について、療育の先生から話を聞きたかったようなので申請しました。

 

療育園と幼稚園で連携していただき、娘と他の園児さんたちが、より一層過ごしやすくなればいいなと思います。

 

以上、保育所等訪問支援の概要と申請手続きの流れでした。

コメントは受け付けていません。